TOEFL Speakingスコアを短期間でアップさせる7つのコツ

TIP 1 Speak Louder

中身は何でも良いので、はっきり大きな声でとにかくしゃべり続ける。(オーディオの音量を自分の声より大きく設定する)

TIP 2 Use Template

まずはテンプレートを覚えて、どんな問題が出てもその型で答える。

TOEFL iBT スピーキングの6問に対応した6つのテンプレート!

2016.01.26

TIP 3 Record Your Voice

慣れるまで練習すること。スピーキングの問題を練習する際に、できればボイスレコーダーの録音機能を使って自分の回答を録音する。

TIP 4 Prepare a Notebook for Practicing

そのお題に関してはすらすらと話せるようになるまで練習する。自分の表現や言いたかったのに言えなかった表現などを確認して完璧な回答をノートに書く。

TIP 5 No Silence 

沈黙を避けるために何かしら発言した方がいい、そんなときに「uh, well, you know, let me see…」などのつなぎ言葉を使うこと。

TIP 6 Practice Your Pronunciation

発音をできる限り、ネイティブに近づけるトレーニングして、多少おおげさでもなりきってシャドーイングした方が力が付くこと。

【理論編】外資系投資銀行マン&商社マンが語る。英語は「5つの母音の発音のルール」をおさえてから始めよ

2016.12.11

【実践編】外資系投資銀行マン&商社マンが語る。英語は「5つの母音の発音のルール」をおさえてから始めよ

2016.12.12

TIP 7 Thinking Notes

時間を有効で利用すること。問題を読んで、15秒とか30秒とかで自分が話すことができる理由を1つか2つ箇条書きにメモをとること。

TOEFL