本試験カバー率92.7%の最重要単語を動画で視るだけ。

国際舞台で活躍を目指す人限定 成り上がりエリートのための

ビデオレッスン『TOEFL PREMIUM WORD SHOW264』

ETS公開のTPO(TOEFL Practice Online)試験から厳選して抽出。 英語圏への一流大学への留学基準突破を目的にTOEFLに人生の貴重な一部時間を捧げた専門家たちが送る・・・受験者のスキマ時間を世界一有効に使うためのビデオレッスンがここに完成。 

最速でTOEFLと”おさらば”するための 264語、63分間チャージ

✅  TOEFL iBT語彙に特化した、ビデオレッスン形式。映画やYOUTUBEを見る感覚でサクサク学習!

✅  スマホでもPCでも、場所と時間を選ばず視聴可能!

 1ビデオレッスン、約1時間と短時間!

✅  毎朝、メールボックスに「今日のビデオ講義」が届くので、電車の中、ベットの中、家事をしながらビデオを見るだけ!

✅  覚えやすいユニークな内容の例文+情景が浮かびやすいイメージ図+美人講師のリピート発音構成で、「視覚・聴覚」をフル活用したリアリティのあるレッスン

glotureimage1

✅  TOEFLで求められる「類義語、言い換え表現」の力がつく内容構成

✅  単語毎の3回行われる嬉しい発音リピートで、アクセントを脳に焼き付ける

✅  動画内容では字幕無しのAll Englishなので日本語の助けを借りずに確実に試験本番で使える実力を養成。

 企画期間 10ヶ月、制作協力18人、収録容量約5.78GBの渾身のビデオ講義(もちろん、ストリーミング視聴可能です。)

 

✨ 1時間の動画講義を視るだけ!いつでも・どこでもTOEFL iBTボキャブラリーに触れられる「快適なTOEFL学習環境」をご提供

「やらなければ行けないことがあるから頑張って朝起きて・・・移動して・・・(ハァ)つかの間の休憩ぐらい取りたいから、お気に入りの音楽を一曲だけ(といいつつ全部聴いてしまう)」

「TOEFLに必要な語彙を覚えなきゃいけないって分かっているんだけど・・・他に必要な資料を読まなくちゃいけないし(とか言いつつ、SNSで友達にシェアされていたサイトに見入ってしまう)」

こんな風に、認めたくないけど怠け癖をもってしまうのが人間というものです。私も受験生だった時には、同じような悩みを抱えていました。

そう悩む度に、「普段自分が手放せないモノでTOEFLの学習ができれば、逆に勉強時間が増えるのになぁー」と思っていたものです。

 というわけで、本番で確実に使える記憶に残る「ビデオ型TOEFL語彙学習教材」を自分の会社で作っちゃいました。

『TOEFL PREMIUM WORD SHOW264』ならいつでも、どこでも、あなのスマホの画面上でも、自宅のパソコンでも、見やすくリッラクスしながら学習できるので、毎日のスキマ時間が、あなただけの最適な学習時間へと早変わり! ついついみてしまう動画レッスンで、知らず知らずの内に使える実力をつけましょう。

 

アジア圏でダントツの最下位=日本人のTOEFLスコア⇩

TOEFLテストを作成しているETSの2013年度版の国別平均スコア統計によれば、日本人のTOEFLテストは、アジア圏31ヶ国中、まさかの26位です。さらに、スピーキングともなれば「最下位」という恐ろしい不名誉な成績を残しているのです。

つまり、日本人のTOEFLスコアは英語が公用語である国が少ないアジア圏の国のなかでも、ビリに近いのです。こんな事言うと、「いやいや、他の国は英語圏に留学するようなエリートばっかり受けてるから平均点が高くなるし仕方ないよ」なんて負け犬の遠吠えみたいな事をいう人もいますが・・・データが現実を物語っています。

もうお分かりだと思いますが、日本で生まれ育った時点で、大半の受験者と「同じ勉強習慣、同じ勉強量、同じ情報量」で戦っていては、いつまでたっても目標スコア獲得どころか、アジアのTOEFL受験者の中でも最底辺の英語力のままに終わる可能性が大ということです。

そうして、いつまでたっても目標のスコアも取れず、貴重な時間を失い、一度きりの人生でダイナミックな挑戦すらすることなく終焉を迎えていくのです。

 

「別にTOEFLスコアもとれない負け組なら、逃げれば?」

このセリフ。これは実際に多くのTOEFL受験生に対して言い放たれるセリフです。一体誰からこんな酷い事を言われると思いますか?

・・・答えは先生でも、友達でも、親でもありません。「受験生自身」なんです。要するに

自分で自分を奮いたたせる為に、自分を追い込み鼓舞するために無意識に自分に向けてこういうメッセージを発しているのです。これまでに、目標スコアを苦労して獲得し、世界へと羽ばたいていった生徒さんは、例外なくこういったタイプでした。

ですから、これを読んでいるあなたが、譲れない目標を内に秘めていることを当然理解しています。そもそも、高い向上心がなければ、わざわざTOEFL試験なんて受けませんし、こういう高い目標をもつ我々は、そんなに簡単に夢や目標を諦められるタイプの人ではないのです。

実は、この『TOEFL PREMIUM WORD SHOW264』のビデオ制作、プレゼント資料制作に関わった講師/アドバイザーも昔は全員「ただの英語を勉強している普通の学生・社会人」でした。

「いつか留学してやる」「このチャンスを必ず捕まえて目標スコアを獲得する」そんな夢とも信念ともいえる熱い思いを持って、日々勉強していたのです。  

⭕️ 例えば、

 

アドバイザー①
本コースのspeaking資料作成、アドバイスに関わってくれたErikaは、2014年にTOEFL iBTで106点を獲得し、あのスティーブ・ジョブズが伝説のcommencementスピーチをした現在Stanford UniversityのMBAコースで学び、今年からVR関連の分野で会社を立ち上げる予定です。

 

アドバイザー②
ビデオ作成に関してアドバイスをくれた、Yukiは大学入学後、本格的に勉強を開始し、2013年にTOEL iBTテストで88点を獲得し、Medical school, Nursing schoolで全米1位のUniversity of Washington へ留学を果たしました。現在は、日本市場で業界トップの外資系製薬企業に勤めています。

 

アドバイザー③
リスニング資料の作成で助けてくれたKenは、シンガポール国立大と、北京大学でdouble degreeを取得後、財閥系総合商社で昔からの目的を果たすために日々動いています。

 

アドバイザー④
ライティング資料作成に力を貸してくれたDaisukeは、2012年にTOEFL iBTで101点を獲得し、カナダのトロント大学に留学。経済学と社会学を中心に5講義分の単位取得をして帰国後、国立宇宙研究開発法人で働いています。

 

こんな風に、元々は「何者でも無かった人たち」が、TOEFLスコア獲得をきっかけに自分なりの道を切り開き、やる気に満ちた日々を送るきっかけとなっているのです。